男女の差

若い女性達との世代間ギャップの微調整シリーズ。/その7

結婚と恋愛は別ってなると、昔の考え方が
採用されてくるようになるわけです。

この日本の昔の考え方っていうのは
江戸時代より前に遡ります。

そのぐらいの時代の時っていうのは
これ調べていくと興味深いのですが、

結婚と遊びっていうのは別だったんです。

結婚はあくまでも生活のために、生きていく
基板を整えていくもの。

恋愛は遊び。


当時も、結婚するまでは結構自由に
遊んでたんです。

これ調べていくとわかってきます。
結構意外ですよね。

今からの時代は結婚と恋愛が別だって考えたら、
まずは好きなように、自分の遊びたいことで
男性遊びをして。

その後に生活を考えて相手を選んでいく。

という形が増えていくだろうと予想されます。

では、どういった遊び相手を選ぶのかって言うと、

同世代と、ずっと遊んできた女性は遊びとして
捉えるならば、それまでやったことのない遊びを
提供してくれる男性がターゲットとなりやすく
なります。

同世代の男性は頼りがいがなかったり。

お金もないということで、そこには刺激がないんです。

そうすると遊びで考えて大切なのは、刺激であったり
楽しさになるわけなので、今までにない刺激や
楽しさというのを求める女性が必然的に増えてくる。

そしたら、その女性達の欲望・願望を
私達の主戦場として考えておけば、
ずっと女性達は自分たちの元にやってくる。

それは需要と供給のバランスのマッチングが
非常にいいからです。

女性は遊びたい。

自分が今までやってきたことのない遊び、
刺激的な楽しいものを提供してほしい。

でも、同世代の男性からは提供されない。

そしたら、それを提供できる人の下に
行くようになる。

ここにいいサイクルが生まれるので、私たちは
そのサイクルの中に入っておくと良いな
と考えてるわけです。

告白という考え方、言葉の意味も少しずつ
変化があるようです。

今も昔も告白の形としては、何も関係性が
作られていないところで、一か八かで告白して
関係性を変えてしまおう、というタイプの使い方も
しているようですが。

話を聞いていくと、違った考え方を持っている人も
だいぶ増えているなと考えています。

まず、基本的に上の世代の男性と比べて、
今の世代の男性たちは女性に関して
そこまで強く興味を持たない人が多くなっている。

これは他の回の方でもお話ししたように。

男性側はその時代の周りの影響を色濃くうけるので、
結果、今の 10 代の世代はエネルギーが少なく、
自信も少なめな世代になっている。

よって異性に対しても自信を持ってガツガツ行く
よりも、だったら自分で楽しいことをしてる
時間の過ごし方の方がいいかな。

という捉え方をする人が増えてきている。

エネルギーが少ないと、女性をガツガツ求めるよりも
他の楽しみの方に意識がいきがち。

エネルギーがあるということは、男性としての
ホルモンが多く排出されているという状態に
なるわけですから、女性を求める。

しかし、エネルギーが少ない状態だと
男性ホルモンが少ない状態なので、楽しみ方としての
種類も変わっていく。

楽しみ方の種類としては省エネなものを好む
傾向が強くなるで、手元には今、スマホであったり、
ゲームであったり、Netflix 、YouTube などの
簡単に自分の興味があるものをチョイスできる状態。

よって。

徐々に女性への興味は薄れてってる。

そうすることによって出てくる行動の変化は、
つかず離れずぐらいがいいと考えるようになる。

・・・

このテーマは長くなってきたので、そろそろ
終盤として終わりにしたいと思います。

 
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。
次の記事の励みになります^^


人気ブログランキングへ

 

 

■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-男女の差

© 2022 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER