会話・言葉

ネットからリアルへの誘導はこれを選択する

ネットで活動をしていく場合は、自分の目的に
よって方法を使い分けていくことが効率的です。

方法というのは今の段階でネットを利用した女性へのアプローチは。

文字を利用した方法。

視覚に訴えかける方法、画像・動画などがそれです。

に分けられます。

これは目的によって使い分けた方が良くて。

それぞれ性質が違うんです。

私の場合、文字を主体として女性に
向かってアプローチしていく方法を好みます。

その理由なのですが。

文字はちゃんと頭を働かせて、
そこにある文章を読もう、理解しようと思わないと
先に進まない性質を持っています。

そのために脳が少なくとも活性化してきて。

その状態だから文章を読む状態になる。

ぼんやりと見ているだけだと。

対応できないのが文字の性質なんです。

私たちが女性に求めるものが。

実際に対面することであれば。

具体的に女性に考えてもらって、動いてもらう。

もしくはこの誘いには乗りたいな。

と考えてもらわないと、その先に発展しないのです。

そうすると女性の具体的欲望を刺激するように、
持っていかないと話が進んで行かない。

そうすると少なくとも脳は、
ちゃんと稼働できている状態にしないといけない。

脳が稼働できている状態を作っていくためには。

文字の方が有効である。

一方画像があります。

Instagramなどがその典型例ですが。

Instagramを見ているときに、どのような感覚になるのか。

視覚から受ける情報。

感性でなんとなく理解するものです。

ただ、その場合、何かを考えなくても良いんです。

ぼんやりと見ていて、なんとなくいいな。

と思ったらいいねを押す。

そういった、ふわっとした、そこまで考えなくても
見れる媒体が画像を主体としたものになるんです。

しかし、ぼんやりと感性で見れる反面。

詳しくは考えないんです。

女性に何を訴えかけるのかは、
その画像を見て女性が受け取った、その感性に訴えかけた結果。

女性側にしか答えは無い。
男性側には分からない。

具体的に何をして欲しいとは言わないんです。

なので全然、画像を使った誘いかけだと話が進展して行かない。

方向性が見えない。

私たちが効率的に活動をしていこうと思うならば。

脳に負荷を与えて、活性化させる文字を使っていくことになる。

理解してもらい具体的な行動を誘導することで。

次に何をしたらいいかが具体化してくる。

人間は何も分からないもの。

もしくは明確でないものを自分で考えて。

推測して自分からアプローチする。

といった面倒くさいことはやらないです。

分かりやすいものを好みます。

なので分かりやすく行動を誘導する場合。

やはり文字が有効な手段になる。

という結論が出ます。





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-会話・言葉

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER