会話・言葉

好まれない会話をする男性のいくつかの特徴。

まず代表的なものが自分が話したいタイミングで
話したい話題を出す。

これはものすごく嫌がられます。

話は文脈があって、それにつなげて話を
していく方が気持ちよく話ができます。

自分が話したいタイミングで単語な
言葉を言ってくる。

それが断片的なもので1往復2往復で終わる。

そしたらまた次の話したくなったタイミングで
いきなり単語で話をしてくる。

これが大変な理由はその都度その都度
相手側が何の話をしているんだろう。

と考えなければいけないので
負担が多くなるからです。


話を文脈でつなげてした方がいい理由は
ここにもあって。

話題がコロコロ変わると今何の話題を
話しているのかが聞いている側は
分からなくなるんです。

話をしている側は自分の中で、この話をしている
って分かってするんですけど。

聞いている側は足りない情報を補って
聞かなきゃいけないので負担が多くなるんです。

話を聞く側がこの言葉を知っているのか。

を考えずに自分は知っているから
相手も知っている前提で話をする。

今何の話をしているのかをちゃんと把握しないで
適当に会話に入ってくる。

これ集中して話を聞いていない人に
多いパターンで自分の気が乗ったから
といって会話に入ってこようとするんですけど。

これやられると会話のテンポが
途切れちゃうのですごく嫌がられるんです。

自分の思いつき優先で話す。

これは話をしていて自分が思いついたら
話をだす人がいます。

そうするともうすでに会話が終わったものを
引っ張り出してきて

「さっきのこの話なんだけど、、、」

っていう人がいます。

これは自分が思いついたタイミングで
自分が言いたい事を話し出す人に多いです。

これ話、終わってんのにもう1回
引っ張り出されても、みんなはもうその話題に
ついては話す気がないので
面倒くさいなと思われます。

そもそも興味ないんだったら深掘りをしない。

興味ないっていうのは、相手にばれます。

なぜならば一度話しした話を何回も
聞いてきたりするからです。

興味がないから覚えられないし、
ついつい何回も同じことを聞いてしまう。

これらのことをピックアップしたんですが。

トータル的に言えることは

自分が話したいから話をしてしまう。

って所に集約されます。

相手がいて話をしてその話で楽しもうと
思う場合は、自分が言いたいことを言っても
まずうまくいかないです。

相手側が楽しくなるようにって考えて。

考えながら会話をしない限り
楽しい会話は作ることができないです。

自分が多く考える負担をするつもりで
会話をしないと会話って成り立たないです。

 
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。
次の記事の励みになります^^


人気ブログランキングへ

 

 

■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-会話・言葉

© 2022 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER