Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

楓涼プロフィール56

俺達は長い活動を得て。

今、最高の時を過ごしている。

そんな事を強く強く思って、かみしめる
ようにその日々の記憶を強く脳裏に
刻み込むように過ごしました。

・・・それから何年も何年も。

一瞬で通り過ぎるかと思った最高潮の時を
結果的には何年も過ごす事ができました。

今ではすっかりと俺達も歳を取り。

時間コストが大量に必要となる女性との
/出/会/い/からは、遠ざかりました。

そもそももう自分が住んでいる
ホームグラウンドで活動する事での
顔バレのリスクが高くなりすぎました。

ここは片田舎ですから・・・。

活動する場所を遠くに変更したりしながら
活動もしました(片道2時間)が、

もうそういった
時間コストを使う余裕は微塵もなくなり。。。

でも俺は後輩に女性獲得活動での
色々な仕組みを
渡すような活動を続けていました。

これが実質的な最期の複数メンバーによる
女性獲得活動かなって思います。

・・・老いには勝てませんから。

ルックスに重点が置かれてしまう。

プラス

時間コストの大量投入が必要

な/ナ/ン/パ/ であったり、合コン活動は
残念ながら俺達には要領の悪い/出/会/い/になって
しまいました。

あんなに愛していた活動でしたが。

地方に住まわれている方でアラフォーに
なっている場合、/ナ/ン/パ/という手段は
おそらく現実的ではないと思うんです。

これまで活動をしてきた感覚として。

相方達を見ていても。
そして自分を見ていても。

何気にいつの間にか、“責任”みたいなものが
仲間それぞれが持つようになり。

派手な活動は
控えなければならなくなりました。

片田舎での複数メンバーでの活動って
長く続ければ続ける程、
目立つものなんです。

というのも片田舎で活動をしてたので、
女性達からも

「あー、いつも駅周辺にいる人達でしょ。」

と言われる事が多くなり。

知り合いにも指摘される事も
出てくるようになり・・・。

持ち時間は減り、お互いに共通の時間に
コストをさけなくなってきました。

あんなに一緒にいた時間も。

週1日になり。

隔週になり。

月1日になり。

俺の企画毎になってきました。

今でも企画はちょこちょこして
それで楽しんでいます。












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


楓涼プロフィール55

たぶん冷静にみて俺達は、2.5軍だろう。

下手をしたら3軍かもしれない。

でも。。。

生まれ変わりを待っているわけには
いかない。

だって今生きているから。

生きないと。

2.5軍には2.5軍の戦い方がある。

それを俺達は身を持って体感した。

「どうにかなる。」

これが経験から得た結果。

たぶんこれから、この活動では
徐々に成果は落ちてくるだろう。

同じ活動をして、同じ成果が
永遠に続くなんて事は
ありえない事なのだから。

でも。
分かっている事がある。

「どうにかなる。」

と。

だってこれまでも
そうなってきたから。

もちろん、

「どうにかなる。」

は、放置しておくという意味ではなく。

考えて失敗しまくる。

トライ&エラーエラーエラー。

をしていれば、どうにかなる。

そういった意味でのどうにかなる。

来世への1軍への生まれ代わりを期待
しても何もないし、そもそも1軍へ
生まれ変われる事なんてないだろう。

顔面偏差値。

平均かそれ以下。

すでにその段階で2.5軍

その宿命は避けられない。

でもほとんどの男性はそれなんですから。
まあ良いとします。

泥にまみれればよい。

かっこつけようなんて思わない。

だって最初からかっこよくないから。

それは鏡見れば分かるじゃん。

かっこよくないよ。

あきらめるよ。

動かない理由は、

「面倒 か 羞恥心」

大半はこれが理由になっていると
思うんですね。

2.5軍なおかげで。
女性獲得活動において、羞恥心を持って
いると何も得る事が出来ない。

これがアホほど分かりました。
何も起きない。
何も経験できない。

ただ日々が通り過ぎていく。

だったらトラブル承知で動く。
動くと傷つくし、面倒が起きる。
でもそれ事、抱え込んでしまえば良い。

そうしたら待っているから。

楽しい先(未来)が待っているから。
必ず待っているから。












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


楓涼プロフィール54

オーシャンビューで。

月明かりがすごく綺麗な夜で。

波の音と綺麗な月明かり。

最高においしい夏のお酒をたんまり
飲んで、酔っ払っている状態の

俺と。
相方H川と。
綺麗な女性。

女性は全裸で俺の上にまたがっていて、
腰を振っている。

細い身体なのに/巨/乳/。
それを俺は両手で揉んでいる。

相方はその横に仁王立ちに
なって女性に舐めてもらっている。

波の音と綺麗な月明かり。

そして目の前で繰り広げられている風景。

この時に感じたんです。

「あー、これが俺達の青春時代の
最高潮の時なんだろうな。」

そう感じていました。

もう何もいらない。

この時間が続けばいい。

永遠に続けばいい。

たぶんこれから俺達は大人になっていく
のだろう。

こんなに自分達の欲望のために。

仲間とこんな膨大な時間を過ごせる
事もなくなっていくのだろう。

そんな事はわかっている。

頭ではわかっている。

でも現実にそんな時は来ないで欲しい。
そう強く思っている。

ただただこの時間が永遠に。。。

そう思わないではいられない。

必ず終わりは来る。

それは人間の宿命だから。

生きている限り老いる。

必ず老いる。

そして終わりは来る。

俺達はその時間を惜しむように
楽しんできた。

そして人生最高の時を迎えている。

やればできる。

なんでもできる。

そんな気がする。

だって何もない所からここまで
これたじゃないか。

俺達は世間からみたら絶対に一軍の
人間ではない。

明らかに二軍。

いやそれ以下として生まれている・・・。












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


楓涼プロフィール53

この段階ぐらいで俺の大学に入学した頃の
気が狂いそうになるぐらいの性欲は
だいぶ昇華させる事が出来ていて。

仲間と新しい女性との出会い。

このバランスに満足感を得るように
なっていきました。

そうすると次に面白いと感じる要素を
入れたくなってきたんです。

その頃には、サーフィンをやったり
スノーボードをやったり。
などに代表されるような旅。

地方に行く事が多くなったんです。

すると新しい刺激がある楽しい遊びを
発見する事になるんですね。

もう普通の生活の中での女性との出会いの
バランスには満足してしまったんです。

特にこれ以上ペースを上げたいとか。
もっともっと美人な女性と。。。

とかっていう願望はなくなってきて。

元々自分自身がどれだけ凡人かを理解
しているので、そこから上に行くのには
どれだけのコストを使わなければ
ならないのかもある程度想像が
出来ていました。

そこにコストを投入しようとは
思わなくなって。

もっと楽しく相方達と遊べたらそれが
一番だなっていう感じになって
いったんですね。

こっちにコストを使った方が
楽しいなって思ったんです。

そこで面白い遊びとして頭角を現して
きたのが、

「旅にいって現地の女性とセ○クスする事。」

になっていたんです。

昼間はサーフィン・スノーボード・観光。
などを楽しんで、夕方からは現地の女性と仲良く
なって一緒に飲食をして、夜は狂乱。

これはハマりました。

狂ったようにハマリました。

楽しいんです。
これまでの人生の中の遊びで
一番楽しかったんです。

ある夏の日。

千葉の海にサーフィンにいったんです。
その時は、相方のH川との2人で。

近くのコンドミニアムを借りて。

二泊三日のサーフィン合宿をしにいったんです。

そしてその日の夜に、現地にいる
女性に声をかけたんですね。

その女性は1人だったんです。

小柄でしかも美人なんですね。
身体は細いのに胸は大きくて。

すごいスタイルだなって思って。

まあ、お話をするだけお話をして。
バイバイのパターンかなー。
なんて思いながら。

するとすごく楽しくお話が出来て。

そのままその日は、コンドミニアムで
飲む事になったんです。

そのコンドミニアムは、オーシャンビュー
だったんですけどね。












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


楓涼プロフィール52

そうやって女性側が判断するんだ。

この当たり前の事を当たり前に分かるように
なってきたあたりから。

さらにもっと大切な事を知るように
なっていったんです。

恐らくこれが俺の中でのもっとも女性関係が
変わってきたクリティカルヒットな
部分となったんだと思います。

それは、俺達男性は
どれだけのメリットを
女性に感じさせる事が
できるのか。

これで女性関係は決まる。

これを意識できるようになって
行きました。これまでは自分達が何を
したいのか?。

これしか考えないで行動をしてきました。

だから思ったように女性に興味を
持ってもらう事ができないで
いたんですね。

しかし俺達は女性に何かしらのメリットを
感じてもらう事でやっと接点を
持ってもらえるんだ。

これが強く分かるようになってきたんです。

そこからはいつもその点を意識
するようになっていきました。

もちろん最初の頃はそのレベルも
かなり低いのですが、それを継続して
考えて習慣にする事が大切なんですね。

そういった事を習慣にしながら。
活動をしていく内に・・・。

すごい事が可能となっていきます。

街に出て1声目の女性達とすぐに一緒に家に
帰れるようになったり、

街にいる事が1時間も無いうちに
家に女性と一緒に帰れるようになって
来たんですね。

そう。

完全にマッチングに成功しだしたんです。

特にマッチング作戦は、「夏休み」の
時期に爆発しました。

街に出てすぐに女性を捕まえて。

十分に楽しませてもらってから、
女性を送って、また街に向かう。

次のラウンドをスタートさせて
また女性を捕まえて・・・。

そのぐらいになると、たまーに
ものすごく綺麗な女性も成功をする
ようになってくるんですね。

マッチング度のレベルが上がったんですね。

ここからもっとそのレベルを・・・。

なんでしょうけど。

俺達は・・・ここでもう満足したんです。

もう何も望む事は無くなったんです。

相方と呼べるような仲の男性が2人も
出来た。

他にも多くの仲間が出来ました。

一緒に旅に行き。

現地の女性と即席で出会えて
その夜を堪能できる力が身についた。

週末になって街に出れば、
コミュニケーションをとっていて楽しいな。
と感じる女性を家に連れて帰る事ができる。

もう最高に幸せで。

もうさらなる上を望まなくなったんです。

十分になったんですね。

最高の幸せ。

この状態が続けばこんなに楽しい人生は無いな。

そんな風に思うようになりました












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


楓涼プロフィール51

ある事を強く考えるようになりました。

それが以前にも考えていた

マッチング。

ここを強く強化してみようと思ったのです。
そこで色々と自分達のファッションスタイルを
変えてみる事にしました。

その当時は日サロで焼いている人達が多く
黒い人が多い時代でもありました。

そこで俺達もそれにならってみる事にしました。
ファッションもそれに合うように。

マッチングについて良く考えてみる事に
したのです。

さらに自分達の行動についても考えるように
なっていきました。

例えば女性達と話をしていて、
休みの日とかって何をしてるの?。

で、

「あー、仲間達と集まって麻雀。」

これってなんかかっこよく無い気がしたんです。

行動=その人。

この形はだいぶ理解できるようになってきて
いましたから、自分が手に入れたいと思って
いる女性にマッチした行動をとっている方が
俺のような凡人にはとっても大切な事なんじゃ
ないだろうか。

そこから自分達の日頃の行動などについても
考えるようになっていったんです。

休みの日に、

麻雀とか、ゲームとか、買い物とか。

そういった事しかしていない男性と。

サーフィンとかのマリンスポーツ。
アウトドア。
スノーボードなどのウィンタースポーツ。
ボクシングやジムで身体を鍛える。
旅。

などをしている男性。

どっちの方がオス力が高いか?。

よりオス度の高い行動をとっている男性に
感じてもらえるのだろうか。

そういった事を考えるように
なっていったんです。

このような事を考えるようになって
から、段々と俺達の行動派変わるように
なっていきます。

オス度の高い趣味をやるようになって。
よりアクティブな動きをするように
なっていたんです。

段々と。

変わっていきました。

何をやっているのかがその人だ。

○○として感じて欲しいならば。
○○として感じてもらえる行動を
選択する必要がある。

自分で自分の事を都合よく判断するのを
やめるようになっていきました。

これまでそういった面が強かったので
ほとんど女性に興味を持ってもらえ
なかったんです。

○○かどうかを判断するのは、俺達では
なくて女性側なんです。












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


楓涼プロフィール50

そして俺は、ちょっとづつ物足りなく
なってきたのです。

人間は恐ろしいもので、今まで手にいれたい
と思っていたものを、手に入れられるようになると
次の上のものを手に入れたくなるのです。

自分がより、手に入れたいと思う女性を
手に入れたくなってきました。

どうやら俺は、ギャルの分野の女性が好きみたい
である事が分かってきました。
ただ今の所、完全なるギャルというものは
手にいれる事ができていません。

そこからギャルを手に入れるには
どうしたら良いのかを考える時期が
続きました。

この対策を思いつき結果を出すまでが
かなり長かったです。

その間は思考錯誤しながらも、それなりの
結果を出せるのですが、自分達の力が
上がっているようには感じられませんでした。

完全に停滞期になっていました。
そこそこの成果。
もちろん楽しいです。

文句なく楽しいのですが。

次のステージが見てみたいという自分がいる事が
良く分かりました。












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


楓涼プロフィール49

人間、たった2日間で、ここまで変わるのか。
怖い・・・
と0.2秒ぐらい思ってから、俺は

「お。いいね♪」

快諾♪

そりゃそうです。
これは俺が想い描いていた大学生活の
一場面だったのですから。

あまりにも強烈にシミュレーションを
していたので、デジャビューではないかと
思ったぐらいです。

何かこの場面見た事がある。
一瞬、思ったのですがなんて事はない。
ただただ、俺が強烈に思い描いていた
一つのシーンだったにしか過ぎません。

そこからまたH川は大暴れ。
たぶん2人の女性相手に、2桁はしたと
思います。数時間の間に。

2桁ですよ。

モンスターです。

この2日間で得る事ができた、俺達の
成功の法則を使っていく事により、
成功をするようになっていきました。

ただある程度成功してくると、今度は
この生活にもなれてしまうものです。

そして次の事を考えるようになりました。

まず俺達は、自分のレベルに合わせた女性。
という戦略をちゃんと実行していました。

これはサークルの中で、嫌という程学んだ
事でした。

男女関係には、パワーバランスがある。

で、/ナ/ン/パ/という場面では、俺達男性側が
パワーバランスが、かなり上ではない限り
その間の関係性は成立しない。

特に俺達は、直に家に行くというスタイルを
とっているから、そのパワーバランスは、かなり
圧倒的に男性側が強くないとまず、成立しない。

結局、あまりかわいいとは言えない。
子達が中心でした。

ただ量が量なだけに、たまたまかわいい子
なども、その中にいる事もありましたが
基本パワーバランスの法則にはのっとった
結果しか出ていませんでした。












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


楓涼プロフィール48

やっぱり家に直に連れて行き、飲み会をするのは
正解だった。

そんな話をH川としました。

当然その翌日も同じように街にいきました。

同じコンセプトで、次々に話かけてみると・・・
またそのコンセプトに賛同してくれる女性を
見つける事ができました。

また俺の内心は
うわーーーー
やったーーーー

心の中で踊っていました。
叫んでいました。

ただまだまだ、
目標を達成したわけではありません。
最終目標はここではない。

ただ流れは前回と同じようにしました。

たぶんこの流れがサークルで鍛えられた
流れなので、今、一番自分の力を発揮できる
流れだろうなという事が分かっていました。

ほぼ同様の流れで成功しました。
確信しました。

まずはこの流れを俺達のゴールデンパターン
にしてしまえば良いと。
当分はこの流れに当てはめてみよう。

この流れに当てはまらない時。
それは失敗だと思って捨てよう。

たぶんそれが俺達初心者が、成功する秘訣
なんだろうな。

とその時に、おぼろげながら思いました。

完全に何かを俺達は掴み始めました。

そして相方のモンスターが、
暴れはじめたのです。

その日もロフトの上で、大暴れしている
相方H川。何回か終わった後に、飲み物を
とりにくるついでに、おもむろに俺に言いました。

「ちょっと、上下、交代しない?(悪魔笑)」

ついこないだまで童貞だった男が、普通に
こんな事を言うんです。

ニヤリッとしながら。












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


楓涼プロフィール47

一通り、お互いに終わったのが分かりました。

というのもロフトなんで、声は基本筒抜け。
音楽はかけていますが、やっぱり聞こえます。
相方がどの段階か、ぐらいは分かります。

そこである異変に気づきました。
ものの20分ぐらいしたら、また始まったんです。

で、終わり。
そしたらまた20分もしない内に次が
はじまったんです。

それが、何回も繰り返されます。
おそらく6~8回は繰り返されていたと思います。

相方の何かが壊れた日です。

モンスターとしての素質が開花しはじめた
相方との二人の初めての成功の夜でした。












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


このページの先頭へ